ウォーターサーバーで生活にゆとりがでる

美味しい水を飲むようになると、水道水を直接飲むことが出来なくなってきます。

カルキで殺菌されているので飲んでも体に害はないことになっていますが、カルキ以外にも様々な不純物が入ったまま止まっているので気分的にも安心できないのです。

このように、美味しい水を飲むようになると、これまで当たり前のように飲んでいた水も気になるようになってきます。

より純度の高い安心できる水を求めるようになるため、水道水を浄水器で濾過した程度の水では不満に感じるようになります。

美味しい水を手軽に利用するためにはウォーターサーバーを設置するという考え方があります。

ウォーターサーバーは、天然水なども大きなボトルに入れて必要な量だけ取り出すことが出来るサーバーでとなります。

天然水をそのまま取り出すのではなく、10度以下に冷やした状態で取り出すやり方と、85度程度の温水の状態でカップに注ぐことが可能となります。

その為、水をそのまま飲料水として飲む方法や、アルコールを割るために冷水を使ったり、温水に関しては、ティーパックのレモンティーを作ったり、温かい緑茶やコーヒーを作るにも適した温度のお湯がすぐに使えます。

様々なメリットがあるため、使い始めるとウォーターサーバーなしの生活が考えられなくなってきます。
おすすめ:サントリー天然水ウォーターサーバーの口コミ

ウォータサーバーを導入してみました

少し前に友人の家に所用で訪ねたとき、ウォータサーバーの水を出されたのが最初にクリクラを知ったきっかけです。

なんでも去年導入したとのことで、防災対策も兼ねて備蓄水としても利用しているとのことです。

話している内に私も興味を持ち、後日ウォータサーバーについて自分なりに調べた経緯があります。

その当時は別にクリクラでなくても何かウォータサーバーを導入したいとぼんやり考えていました。

しかし導入の検討をしはじめて、RO水が飲みたいと思い調べていたところ、クリクラがRO水を提供していると知ってこれを導入することにしたのです。

申込み初月でボトルが1本無料でついてきたのと、サーバー代が常に不要な点が良い点だと思います。

水の味に関しては個人差があるので評価が難しいですが、私はRO水が飲みたくてここに決めたので、とても満足しています。

小さな子どもが2人居るのですが、子供にもRO水は不純物がなくて安全と聞いたので、その点でも満足です。

それと買い物の手間が減ったのが大きいと思います。

今まで飲み水は全てミネラルウォーターを近所のスーパーまで買いに行っていましたが、車とはいえ重いし大変だったのです。

その点でもクリクラならば玄関まで毎月配達員の方がボトル水を運んでくれるので、とても便利で重宝しています。

祖母に丁度いい温度の水を、ウォーターサーバーで

祖母は毎食ごとに飲む薬が沢山あるのですが、その際にあまり冷たすぎる水をあげると薬を飲みたがりません。

反対に、お湯をあげてもやっぱり同じです。

冷たすぎても熱すぎても嫌みたいで、いつも丁度よい温度の水を作るのが大変でした。

そんな時、父がウォーターサーバーを設置してみようと言い出したのです。

なんだか大変な機械、というイメージのあったサーバーでしたが、実際はシンプルな機能で、それなのにとても役に立つとあって家族で到着を待ちわびました。

やってきたウォーターサーバーで早速祖母にとって丁度いい温度の水を作ることにしました。

サーバーにはお湯と水、両方作ることができたので、それをコップに半分ずつ注ぐことで、祖母も納得の温度の水を簡単に作ることができたのです。

それから毎食、祖母は薬を嫌がることなく飲むようになり、私たちもとても楽になりました。

また、水自体がとてもおいしいので、何度もおいしい、おいしいと言ってくれるようにもなったのです。

それから、夏の暑い時もこまめに水を飲んでもらうことができ、食欲不振になることもなく元気に暑い時期を乗り越えることができました。

薬一つでやきもきしていた以前が嘘のように感じます。

サーバーはお年寄りのいる家庭にあるととても活躍してくれます。

普及の進行するウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、多くの方面において普及が進行しつつあるのではないかと推測されています。

以前に比べて積極的にこのような機材を導入することを考える人が増加の傾向にあり、多方面で普及が加速しているのではないかと認識されています。

ウォーターサーバー自体は大変便利であることが多く、このような傾向が継続的に見受けられることは期待されてきたことであると推測されています。

実際にサーバーを導入する人からの意見も取り入れ、本格的にウォーターサーバーを取り入れる世帯も増えつつあるため、このような傾向に拍車が掛けられているのではないかと思います。

以前に比べても、ウォーターサーバーが広域で普及しているとみられており、利用する人は多くなり続けているのではないかと考えられています。

使い方や目的は幅広いとみられていることから、多彩な理由で活用できる可能性も高いと言えるのではないでしょうか。

今後も多くの方面において、ウォーターサーバーが一層普及していくものとみられています。

そのため、実際にウォーターサーバーを介して水を日常生活で利用する人が、次第に多くなると考えられていることから、期待が抱かれるのではないかと思います。

ウォーターサーバーお試し体験

我が家ではミネラルウォーターを大量に消費するので、ウォーターサーバーに興味を持っていました。

そこで、いくつかの会社を調べてみたところ、キャンペーンでウォーターサーバーの無料お試し体験というのができることを知り、実際に体験してみることにしました。

やっぱり、実際に飲んでみないと美味しい水かどうか分かりませんし、使い勝手なども体験してみたかったのでちょうど良かったです。

我が家で申し込んだウォーターサーバーはボトルの水が1本無料でついてきて、1週間の間サーバーのレンタル代も無料というものでした。

その後気に入れば契約してそのまま使用し、気に入らなければ解約料などなくキャンセルできるそうです。

そして、実際に1週間の間ウォーターサーバーを使用してみたところ、とても水も美味しく便利で良いという感想を持ちました。

いつでも冷水とお湯が使える便利さというのは、一度体験してしまうとなかなか止めるのは大変です。

というわけで、そのままウォーターサーバーの契約することを決めました。

まんまと業者の思惑にはまってしまった感もありますが、やはり実際に体験して良いものだと判断できたのはよかったです。

これからは、ウォーターサーバーを料金の分だけ、フルに活用していきたいと思います。

ウォーターサーバーの便利さ

ウォーターサーバーの便利さの便利さについて、多くの人に知ってもらいたいです。

ウォーターサーバー? ただ水を出す機械でしょ? そういった声が聞こえてきます。

その声、実は……正しいんです。

いや、正しいですよ。

ですが、その正しさを性格に理解しているでしょうか。

ウォーターサーバーを利用する時にまず考えるのは、ペットボトルでミネラルウォーターを摂取するときとの手間の違いです。

ペットボトルでミネラルウォーターを摂取する時のことを考えてみましょう。

まず、ペットボトルを冷蔵庫から出します。

そしてペットボトルのキャップを開けます。

そしてミネラルウォーターを摂取します。

そしてペットボトルの蓋を閉めて、ペットボトルを冷蔵庫にしまいます。

これだけの手順を踏むわけですが、ウォーターサーバーの場合はウォーターサーバーに専用のボトルをセットしてボタンを押すだけ。

それだけでペットボトルでミネラルウォーターを摂取するのと全く変わりない、むしろ品質の良いミネラルウォーターを摂取することができるのです。

ただ水を出すだけ。

それは正しいのですが、その手間を圧倒的に、極限まで削減できるのがウォーターサーバーということなのです。

非常に便利なのです。

備えとしてのウォーターサーバー

豪雨で道路が寸断されたり、地震でライフラインがストップしたり、毎年のように日本のどこかで被害が起こっていますが、災害国日本ではどこに住んでいても人事ではありません。

万が一の際、すぐに助けがくるとは限らないので、自分の身や家族の安全はしっかりと自分たちで守っていくことが大切ですが、そんな時に頼りになる存在としてウォーターサーバーをおすすめします。

ウォーターサーバーは災害時の対策というイメージはあまりないかも知れませんが、未開封時には半年以上保存が出来る大量の水は立派な備蓄水としてカウントすることが出来ます。

普段はもちろん美味しい水として飲料水やコーヒーなどのお湯として使用することが出来ますが、万が一の際には家族を守るためのライフラインとして機能させることが出来ます。

断水や節水はいつまでも続くものでは無く、いずれライフラインの復旧や給水車などで支援が入りますが、それまで家族を守るために非常にありがたい存在となります。

特にお年寄りや赤ちゃんなど、身体の弱い存在の方には文字通りライフラインとなってしまうので、震災やその他の様々な災害など、不安な方は備えとしてウォーターサーバーを導入することをおすすめします。

ウォーターサーバーはインテリアに貢献し得る

ウォーターサーバーは本体と水にばかり意識が向きがちです。

ユーザーは水を求めて導入するので、前述した2つの要素が重く見られるのは当然だと言えます。

ですがそれ以外の要素に目を向ける事で、得した気分を味わえる可能性があるのです。

例えばインテリアを整える目的を達する意味でも、ウォーターサーバーは役に立ちます。

日常的に使い続けるウォーターサーバーは、自室やリビングルームへ置くのが普通です。

両方に共通している条件は、足を運ぶ事が多い点だと言えます。

室内の雰囲気が整っていないと落ち着かないので、ウォーターサーバーのデザイン性も重要になります。

見た目が無様なウォーターサーバーを置けば、室内の雰囲気が損なわれてしまいます。

せっかく導入したウォーターサーバーを直ぐに返品するのは面倒なので、後悔しないデザインを探した方が賢明です。

極端な話、ウォーターサーバーの水に大きな期待をしていないなら、デザイン性を最重要に考える姿勢も間違いではありません。

例えば自室が水を飲める場所から離れている時、水源の用意のためにウォーターサーバーを導入する人もいます。

彼らは水へのこだわりが強くない代わりに、デザイン性を重視する気質です。

インテリアに効果的なウォーターサーバーが増えたのは、以上の様な背景があるからだと言えます。

アレルギー対策にウォーターサーバー

ウォーターサーバーで提供される逆浸透膜方式の水の場合、フィルターで濾過できる全ての物質を取り除いているため、純水に非常に近い状態になります。

カルキや重金属を始め、ミネラル成分から嫌な匂いのする可能性のあるもの全てがフィルターで取り除かれるのです。

その為無味無臭の純水に近い水ができあがるのですが、様々なアレルギーに悩む人などにはこのような純水に近い水が有効となるのです。

ミクロレベルで不純物を除去すると、通常のミネラルウォーターに入っている美味しいと感じる、カルシウムやカリウム、鉄分やリンなどの物質も全てなくなってしまうので、美味しさを追求するために、後でミネラル分を加えるタイプの水を提供している業者もあります。

このあたりは好みの問題となってくるので、健康被害を最小限に抑える最も条件の良い水を確保するべきなのか、ドリンクに使う為の美味しい水を確保する事を最優先にするのかなど、様々なニーズに応えることができるのもウォーターサーバーのメリットとなります。

最近ではウォーターサーバーのデザインもかなり凝ったものが出てきており、インテリアとしてウォーターサーバーを選択する方法もあります。

エコモードがついて消費電力も落ちて使い勝手も格段に高まっています。

良質な水をもたらすウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使うことによって、良質な水がもたらされる可能性が非常に高いと言えるのではないかと思います。

特に飲料水に関しては、良質で体にも良いものが供給される環境が作れると考えられているため、積極的にウォーターサーバーを家屋に導入する流れが作られつつあります。

良質な水を生成して供給する機能は、ウォーターサーバーにおける最大の特徴であり、魅力的な側面のひとつとしても多くの人から認識されているのではないかと推測されています。

良質な水がウォーターサーバーによってもたらされることに関しては、肯定的な意見が圧倒的に多数を占めています。

また、これからサーバーを取り入れたいと考える人々からも、このような良質な水を得られる点が評価されてきており、実際に導入することに至る人が増える契機になっていると言えるのではないでしょうか。

今後はウォーターサーバーが更に良質な水をもたらすとみられています。

そのため、現在よりも意欲的にこのような機材を利用する人が多く見受けられることに繋がるのではないかと推測されています。

ウォーターサーバーの機能のひとつとして、良質な水をもたらす点がより注目を集めると予測がなされています。

ウォーターサーバーの採水地を調べておこう

業者によって、ウォーターサーバーに利用している水の採水地には違いがあります。

それぞれに水の硬度を調べたり、その場所の土壌などを調査して採水地を選んでいますが、ウォーターサーバーを利用するときにはより詳しい情報を調べておきましょう。

ウォーターサーバー業者のサイトを調べれば、水の採水地の情報を文字で知ることはできます。

ただし、文字だけだと採水地付近がどのような環境になっているのか知ることはできません。

大自然が広がり汚染の心配がない土地であるかもしれませんが、逆に住宅地の近くにあり土壌に対しての不安を感じるケースもあるのです。

大自然の恩恵を受け、汚染のない綺麗な水を飲みたいと考えたときには、採水地の状態を目でみることができる業者を利用してみましょう。

サイトに、採水地付近の写真が掲載されていれば、どのような土地の水を使っているのか把握することができます。

この情報をチェックしておけば、汚染のない水を扱っている業者を選ぶことができるのです。

綺麗な水の採水地に直接赴くことができなくても、サイトで細かい写真をチェックすることができれば、毎日安心して飲むことができるでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶときには、採水地もチェックしておくとよいです。
参考:富士の水も飲めるウォーターサーバーのコスモウォーター

ウォーターサーバーでトリハロメタンを除去

最近では、水道水をひねって直接コップに入れて飲む人は少なくなっています。

水道局がカルキを入れて危険物質を消毒している状態ではあるのですが、まだまだ体に悪影響を与える不純物が多いため、水道水を直接飲むことは問題視されています。

蛇口に取り付けるタイプの浄水気があったとしても、カルキがある程度取り除かれるだけで、飲み水として最適な状態に作り変えることは難しいのです。

最近では、水道水の中に放射性物質が混じっているなどの報告もある為、乳幼児などを育てる環境においては、水道水に高性能な浄水器などを設置できたとしても、飲み水として使うのは問題である事と言われています。

そのような時は、高純度なフィルターを利用することができるウォーターサーバーを検討すべきです。

ウォーターサーバーのRO水を利用すると、水道水であったとしてもトリハロメタンやその他の問題視される重金属なども全て除去してくれます。

水の粒子以外の不純物は全て除去する事が可能となるため、有効なカルシウムや鉄分などのミネラル成分も全て除去されます。

純水に近い状態を確保することができるので、水道に含まれる危険な物質を全て取り除いた安心できる水をキープすることが可能となるのです。

ウォーターサーバーはレンタルの契約にする

自宅にいながら、不純物が全く無い安全な水を美味しく飲む為には、ウォーターサーバーもレンタルするという考え方があります。

サーバーを買い取る契約をすることも可能ですが、様々なメリットなどを考えると、レンタルの状態にしておいた方が良いのです。

ウォーターサーバーを提供する会社は非常に多くなってきているため、契約の切れ目で別のサービスに切り替えるという考え方が可能となります。

ウォーターサーバーを選択する時には、提供している水の品質を第一に考え、次に水のコストがどの程度になるのかです。

ウォーターサーバーの品質はどの企業が提供するサーバーも優秀であり、消費電力を落として運用するモード利用できるサーバーがほとんどであるため、一月あたり五百円程度の電気代になる場合が多いのです。

そうなってくると、重要視するのはサーバーのデザインや使い勝手、そして美味しい水を自分の好きなタイミングで注文を変更したりすることが出来るかです。

ウォーターサーバーを提供している会社の、業者間の差はあまりなくなってきているため、サービスのちょっとした質を比較しながら決める事が重要です。

例えば契約途中に解約する際に、解約料を請求される場合があるのかどうか等を最初にチェックしておくのです。

ウォーターサーバーは人気業者のものを選びたい

数多くの会社がウォーターサーバーを販売しています。

どの会社のものを選べば良いのかわからないような人は以外と多いです。

私もそのうちの一人で、ウォーターサーバーを買って美味しいお水を飲みたいなと思っていたのですが、どの会社のウォーターサーバーを選べば良いのかかなり悩んでいました。

色々なウォーターサーバーの比較サイトをチェックしたのですが、なかなか自分で決めることができず、ウォーターサーバーを購入するのに時間がかかってしまっていました。

そんな時に会社の同僚がウォーターサーバーを購入したということを聞き、何を基準に選んだのかということを色々聞いてみました。

その同僚が選んだウォーターサーバーは人気業者のもので、色んな人から支持されている様なウォーターサーバーだったのでそれを即決したらしいのです。

確かに人気のウォーターサーバーならハズレはないだろうなと私もその時思い、一番人気のウォーターサーバーを購入しました。

今そのウォーターサーバーを使っているのですが、やはり人気の商品だけあって美味しいお水を飲むことができています。

人気になるにはやはり理由があるんだなってこのウォーターサーバーを見て思いました。

ウォーターサーバーのアンケートを参考にする

ウォーターサーバーを契約する前に、天然水とRO水のどちらにするのかかなり迷うことになりますが、その時は実際の水を業者から送ってもらい飲み比べる対策と、ネットのレビューサイトなどをチェックして実際に利用してる人達の意見を確認することが重要です。

多くの場合天然水を利用したいと考える人が多くいて、その水の品質にも満足している人が多いのです。

その為、ウォーターサーバーで手軽に冷水や温水が使える事はとてもメリットが多いと考えており、気になる部分は他のウォーターサーバーの業者との違いです。

サービスの内容や、宅配する水の価格が違ってくるので、長期的に使用してコストが高くなりすぎていないか気になるのです。

ウォーターサーバーの契約においては、サーバーのメンテナンス費用やその他の細かな費用は全てフリーの契約になっています。

サーバーは設置の費用だけコストが必要であり、その後は無料でレンタルするスタイルとなります。

その為、長期的に利用した方がウォーターサーバーの業者はメリットがあるため、長期契約にすると水の価格を割り引いてくれるサービスなどがあります。

そして気になるサーバー本体の電気代ですが、省エネタイプを選択すれば一月あたり五百円程度に抑える事も出来ます。

ウォーターサーバーを新しくしました。

今まで使っていたウォーターサーバーがかなり古くなり、最近ではかなり調子が悪くなってしまっていたので新しいウォーターサーバーにしました。

その新しいウォーターサーバー、今までのものと比べてかなり進化していました。

例えば、タンクが上からではなく下に設置出来るようになっていました。

これは女性やお年寄りには良いですよね。

タンクを上に持っていくのってけっこう大変だったんですよね。

それが下に対して持ち上げることなく設置出来るのは有り難いです。

そしてそのタンク、それ自体も変わっていて、以前はプラスチックのような素材でできていたのですが、新しいものはビニールのような素材に変わっていました。

ですので使い終わった後の空のタンクが邪魔になるということが無くなりました。

普通にゴミとして捨てられますし、折りたたんでおけばまったく場所をとりません。

追うラスチックからビニールへというと地味な変更っぽいですが、実際はかなり良い改善となっています。

そして、いつからそうなっていたのかは分かりませんが・・・なんと新しいウォーターサーバーはお湯が出ます。

これがかなり便利です。

コーヒーや紅茶など一杯だけ飲みたいって時に気軽に出来ますので個人的には一番嬉しい改良でした。

ウォーターサーバーはそうちょくちょく変えるものではないので、変えた時の進化はとても感じます。

本当に驚くことばかりでした。

ウォーターサーバーが水漏れしてしまったとき

人間がつくる機械ですから完全というものはなく、特に数年使い続けていればいつかは故障してしまうものです。

ウォーターサーバーという便利なサーバーですが、極まれに水漏れをしてしまうことがあります。

もし自宅でそのようなことが起こってしまった場合にはどのような対処ができるのでしょうか。

すぐに電源コードのコンセントを抜くこと、そしてボトルに水が残っているのであればそれを取り出すようにします。

そしてその後でそのサーバーをどこかに移動させることができます。

玄関に出したりベランダでもよいかもしれません。

場合によってはお風呂場に一時的に置くこともできます。

そうすること被害を最小限にとどめるようにできるかもしれません。

一方でそれができれば後は業者のほうに連絡をして水漏れの情報やどのように対処したのかということを説明できるでしょう。

おそらく業者はお詫びの気持ちを表してくれるかもしれませんし、新しいサーバーを持ってきてくれて、故障してしまったサーバーを引き取るに違いありません。

そしてサーバーが原因ではないこともあり、ボトルからの水漏れということがわかれば、サーバーはそのまま使うということも選択肢としてはあるかもしれません。

メリットの多いウォーターサーバー

一般的には自宅の水道水にどのような浄水器をつけても、常時安心して飲むことが出来る水に作り変えることは難しいのです。

高品質なアルカリイオン整水器などを利用するなどの対策が必要です。

しかし、最近は品質にも優れた美味しい水を自宅で簡単に飲むことが出来るウォーターサーバーを設置する人が増えています。

コスト的にもかなりメリットがあるので、美味しい水を探しているのであればウォーターサーバーの描写を比較してそのサービスの内容を検討すべきです。

肝心のサーバーについては無料でレンタル可能なため、自分の好きなサイズのサーバーを設置することが出来ます。

そして、そのサーバーで使う水の品質も自分でえらぶ事が可能です。

水道水を、高品質なフィルターで濾過するRO水を選択する事や、日本各地の高品質な水源からあふれ出る水を宅配で提供してもらうサービスも可能です。

不要な沈殿物や等は濾過されて加熱殺菌した状態で届けられるので、非常に綺麗な美味しい水を飲むことが出来ます。

ウォーターサーバーは常時電源を入れているので、冷水が必要であったり、温水で温かいドリンクを作るなどが容易に可能です。

この便利さに慣れてしまうとウォーターサーバーが不可欠である事がわかるようになります。

ウォーターサーバー選びについて

ウオーターサーバーを選ぶ時のコツというのはあるのでしょうか。

どれを見ても似たり寄ったりで決定的な差がない様に思われるので、いまいちどれも決め手に欠ける気がしてしまう人は多いと思います。

どのウォーターサーバーを選ぶかを決める前に、まず自分たちがウォーターサーバーに何を求めるかを一度箇条書きにしてみると、製品を絞り込むのにとても役立ちます。

まず、子供がいるのなら安全性にこだわりを持つでしょうからセーフティ機能に力を入れているウォーターサーバーを選べば良いでしょう。

また小さな子供がいない家庭は天然水にこだわりを持つのも良いでしょう。

たとえば同じ天然水でも富士山の水や南アルプスの水など水源地のチョイスはいろいろあります。

味わいも、微妙に違うのでそういった違いにこだわりを持って選んでみるのも一つの方法です。

またおしゃれなウォーターサーバーにこだわるのも楽しいものです。

インテリア家具のように考えれば、部屋に置いても違和感を感じないタイプを選びたいものでしょう。

このように、いろいろな視点からウォーターサーバーを選んでいけば、必ず自分にぴったりのタイプのサーバーが見つかります。

おいしい水を楽しむだけでなく、インテリアとして楽しむことができるウォーターサーバーは癒し空間の中心的存在になることでしょう。
参考:ウォーターサーバー比較ランキング