ウォーターサーバーの採水地を調べておこう

業者によって、ウォーターサーバーに利用している水の採水地には違いがあります。

それぞれに水の硬度を調べたり、その場所の土壌などを調査して採水地を選んでいますが、ウォーターサーバーを利用するときにはより詳しい情報を調べておきましょう。

ウォーターサーバー業者のサイトを調べれば、水の採水地の情報を文字で知ることはできます。

ただし、文字だけだと採水地付近がどのような環境になっているのか知ることはできません。

大自然が広がり汚染の心配がない土地であるかもしれませんが、逆に住宅地の近くにあり土壌に対しての不安を感じるケースもあるのです。

大自然の恩恵を受け、汚染のない綺麗な水を飲みたいと考えたときには、採水地の状態を目でみることができる業者を利用してみましょう。

サイトに、採水地付近の写真が掲載されていれば、どのような土地の水を使っているのか把握することができます。

この情報をチェックしておけば、汚染のない水を扱っている業者を選ぶことができるのです。

綺麗な水の採水地に直接赴くことができなくても、サイトで細かい写真をチェックすることができれば、毎日安心して飲むことができるでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶときには、採水地もチェックしておくとよいです。
参考:富士の水も飲めるウォーターサーバーのコスモウォーター

ウォーターサーバーでトリハロメタンを除去

最近では、水道水をひねって直接コップに入れて飲む人は少なくなっています。

水道局がカルキを入れて危険物質を消毒している状態ではあるのですが、まだまだ体に悪影響を与える不純物が多いため、水道水を直接飲むことは問題視されています。

蛇口に取り付けるタイプの浄水気があったとしても、カルキがある程度取り除かれるだけで、飲み水として最適な状態に作り変えることは難しいのです。

最近では、水道水の中に放射性物質が混じっているなどの報告もある為、乳幼児などを育てる環境においては、水道水に高性能な浄水器などを設置できたとしても、飲み水として使うのは問題である事と言われています。

そのような時は、高純度なフィルターを利用することができるウォーターサーバーを検討すべきです。

ウォーターサーバーのRO水を利用すると、水道水であったとしてもトリハロメタンやその他の問題視される重金属なども全て除去してくれます。

水の粒子以外の不純物は全て除去する事が可能となるため、有効なカルシウムや鉄分などのミネラル成分も全て除去されます。

純水に近い状態を確保することができるので、水道に含まれる危険な物質を全て取り除いた安心できる水をキープすることが可能となるのです。